KutsuのXTREME RUSH -20【麻雀格闘倶楽部】 四神指数横長 初心者から中級者へ!
RSSはこちら

KutsuのXTREME RUSH -20

カッコつけて「マイナトゥエニ!」と読むもよし! 和の心を持って「まいなすにじゅう」と読むもまたよし!

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2012⁄02⁄18(Sat)
  • 00:03

【麻雀格闘倶楽部】 四神指数横長 初心者から中級者へ!

※真龍や黄龍を維持している方は読まないでクダサイ。(恥ずかしいので)

 前回、「打ち方を少々変えたところ、黄龍になることが出来た。」というようなことを書きましたが、何を変えたのかを、白虎、青龍の方向けに黄龍Lv.12というまだまだの私が勝手に(偉そうに)アドバイスします。 と言っても麻雀の本によく書いていることですが。 初心者から中級者(マスターと黄龍のループから抜け出せない。Sリーグで勝てない。など)という人ぐらいが対象です。(かね?) 
 私のホームでもマスターと黄龍をループしまくってる人を何人か見掛けるので以下を読んで参考にしていただきたい。(まず、このブログに気付かない!)

【今よりも、もっとオリちゃう】
 私は始めた当初万年Cリーグでしたが、その頃はオリたという記憶が殆どありませんでした。 麻雀というものは常に上がりに向かっていき、その間に当たり牌をつかんだら、その時点で「負け」だと思っていました。 そりゃオーブも増えないわな。 やはり振込みは1人でドーンと沈み、最下位の可能性(=オーブ損失)が高くなるので、避けなければなりません。

 今よりも「より多くオリよう」 これだけで、私はオーブが徐々に増えていったような気がします。オリるかどうかの判断が難しいところもありますが、今の自分のオリる基準より、もう少しオリる条件を緩くしてみましょう。 その結果、アガられて逆転されることもあるでしょうけど、最下位を減らすことで長い目で見ればオーブは増えていきます。 増えていくハズです。 増えるかも知れません。 もしかしたら増えるかも。。

 オリるときもただなんとなくオリるのではなく、真剣にオリる必要があります。 ある字牌が2枚切られていたとしても、他に確実に通る牌があるならば、単騎待ちを警戒してそちらを切ります。(他に候補がなければ字牌を切ることになりますが。)
 「そんなの当たり前じゃないか!」という人もいるかと思いますが、5が安牌で456と持っていて5が赤だったりすると、なんとなく切るのが勿体なく感じ、「まあ、2枚出てるから」と大丈夫そうな字牌を切ったら、単騎待ちにドカン。などというムダな振込みをしたことのある方もいるのではないでしょうか? 
 この例は極端ですが、オリているのに真剣にオリていないために、振り込んでしまうほどバカなことはありません。 但し、下家に鳴かせてテンパイさせないようにする必要もあったりするので、安牌だからと言って何でも切れば良いというワケでもありませんが。。

【何でもかんでもリーチをかけない】
 ミドルリーグ(C3~A1)の頃は、両面待ち以上だったら喜んでヨダレをたらしながら即リーチしていたが、鳳凰リーグ(S以上)になると、そうもいかない。 Sリーグ以上で打ってみて実感したのですが、両面待ちでも36や47の要牌含みの待ちはリーチを掛けたら警戒されるため、まず出ません! 19の端牌含みの待ちならば結構出ることもありますが、それでもダマで待つ人も結構います。
 今までテンパイ即リーチというスタイルで打ってきた人はダマという選択肢も考えなければいけないでしょう。 私もダマを増やすことにより、ピーク時よりリーチ率が5~6%さがり、平均あがり翻も0.13翻下がりました。(私にとって0.13は小さいようで大きい)

 強い人のリーチだと、人にもよりますが逆に36や47が意外と通ったりします。 但しリーチ、ドラ3など、役が無くリーチを掛けないとアガれない場合などもあるので注意が必要です。。 ということで、こちら側も36や47待ちだったらリーチを掛けないということではなく、ワンパターンにならないように、たまにはリーチ掛けて、相手に読まれにくくするのも良いと思います。 東1局などの早い局で、この人はどういうタイプなのかな? ということに注目してみるのも良いでしょう。 (まあ、すぐ終わってしまいますが。)

 上級者が相手の場合、ダマで待っていてもツモ切りが続いていることでテンパイを悟られて警戒されたりもします。 手牌にある牌と同じ牌をツモ切りするときには、たまにワザと手牌から切ってテが変わったように見せかけたりもします。(逆にテが進んだと思われて警戒されるから、やらない方が良いのか??)

 また、(基本ですが)自分の当たり牌が他のリーチ者の現物は、グッとこらえてダマで待ちましょう。(やはりリーチ者に気を取られるため、オリようとして出てくる。)

 さらにリーチを掛けるということは、防御を捨てることになるため、当然振込みの確率が上がることになります。 しかし、リーチを掛けたら一発ツモって、ウラが3つ乗って大逆転^^というケースもあるので、リーチとダマと鳴きは効果的に使い分けましょう。ということっすね。
 

いや~、麻雀というのはホント奥が深いですね^^ 
category
【ゲーム】 > ○ アーケード

TrackBack Url

http://kutsu2027.blog.fc2.com/tb.php/73-f2df6f50

プロフィール

ゲームやパチスロの話題を中心に、思うことをフェルマータ気味に綴ります^^ 攻略情報は殆どありません!

kutsu2027

Author:kutsu2027

ブログ内検索

ようこそ^^

関連商品Amazon

ニンテンドー3DS、パチスロ関連グッズを集めました。

 

クリックすると別ウィンドウが開きます。

管理人へメール

ご意見・ご感想等、お気軽にどうぞ!

クリックすると送信フォームが表示されます。

QRコード

当ブログのURL

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21383位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7462位
アクセスランキングを見る>>

スポンサードリンク

twitter

XTREME RUSH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。