KutsuのXTREME RUSH -20【資格】
RSSはこちら

KutsuのXTREME RUSH -20

カッコつけて「マイナトゥエニ!」と読むもよし! 和の心を持って「まいなすにじゅう」と読むもまたよし!

  • 2012⁄07⁄05(Thu)
  • 22:03

【Android】 (とりあえず)ライブ壁紙をリリースしてみたけど。。

Android用のライブ壁紙を作って見たので、リリースしました。

したけど。。。

120705_lwb_ss_purple.png


これではやはり、いわゆる「学芸会レベル」(><)
とりあえず勉強ということで、一つ完成させてリリースしたかったのです。
drawCircleで描いた円が徐々に上がって行くだけ。
これを「泡」と思わせるにはムリがあるか。。

本格的な泡のライブ壁紙も沢山リリースされているようで、
それらと比較されると思うと。。
恥ずかしくて、今日も夜もグッスリ眠れます。

Androidアプリ開発を経験したことがある人に見せれば、
それなりに「おお!」などと言って貰える(こともある)けど、
そうではない普通の(?)知り合いに見せても、
やはり一般のアプリと比較されてしまうため、
「ふーん」でおしまい。。

アイコン(壁紙の場合はサムネイル?)とかも、
よく分からんから適当に作っちゃったし。。

実機での確認も自分の携帯(F-05D)でしか確認できなかったので、
他の機種ではどうなるかも分かりません。
もし、インストールされた方で、円の描画がもの凄く遅いようであれば、
即アンインストールしていただきたい。
(スミマセン。そんなのリリースするなよって話ですが。。
何に気を付けたら良いのかもよく分からない状態ですので。)

まあ、コレをキッカケに少しずつ勉強して、
良いものを作れるようにしていこう。

ズラした位置にもう1つ灰色っぽい円を付けて、「影」ということにすれば、
立体的になって、少しはカッコよくなるかな??
あとは、描画ソフトなどを使用して、もっと本物らしい泡にするとか。。

余裕があれば何かしらのキャラをテクテク歩かせて、
タップしたら、動きが変化するようなのもイイなぁ。
多分、コレは今のオレの技術でも可能かと。。
しかし肝心なキャラがいなかった(><)

と、改良点は沢山出てきますが。。

個人レベルで、他のアプリを凌ぐようなものを作成するのは、
難しいだろうな。。
有料のアプリなんて夢のまた夢のまた夢。
大抵似たようなものを誰かが無料で公開しているだろうし。


まあ、いろいろ試してみようか^^
スポンサーサイト



category
【資格】 > 【Androidアプリ作成】
  • 2012⁄07⁄04(Wed)
  • 00:12

【Android】 例外 com.android.ddmlib.AdbCommandRejectedException

最近、開発を始めた初心者なので、分からないことばかり(><)

開発中のライブ壁紙Aをインストールして動かしている状態で、
作成中の別のアプリBをUSBデバッグしようとすると、
下記のエラーが発生して、携帯がイキナリ再起動されてしまい、
さらに、ライブ壁紙が消えてしまう。という現象が発生。

============================
[2012-06-25 23:52:52 - Unexpected error while launching logcat. Try reselecting the device.] device not found
com.android.ddmlib.AdbCommandRejectedException: device not found
at com.android.ddmlib.AdbHelper.setDevice(AdbHelper.java:752)
at com.android.ddmlib.AdbHelper.executeRemoteCommand(AdbHelper.java:373)
at com.android.ddmlib.Device.executeShellCommand(Device.java:397)
at com.android.ddmuilib.logcat.LogCatReceiver$1.run(LogCatReceiver.java:102)
at java.lang.Thread.run(Thread.java:662)
============================
この後でAを再度入れようとすると、アップデートしようとして、
元のアプリがないだとか、Aが入っても今度はBが消えてたりと、
いろいろと楽しませてくれる^^

ずーっと悩んでいて、ネットで調べても、
同じエラーが発生している人がいたようだったが、
対応方法を見ても、オレの問題とは違うようであった。。

特定のアプリだけに発生するので、注意深く見ていたら、
同じパッケージ名を付けていたので、これが原因か??
別のパッケージ名に変更したら、このエラーは出なくなりました。

あれ? でも、同じパッケージ名で動かしているのもあったような。。
パッケージ名が同じアプリの中で、何かが競合したときに
発生しそうな感じがするけど。。 素人には分かりません。(><) 

とりあえず、このエラーが発生した際のチェック項目の1つとして、
確認してみると良いかもしれない。
気がする。。 ような感じ。


ただ、別の問題で、R.drawableの画像ファイル名が突然認識出来なく
なってしまった。。
何かのバージョンが変わって、androidプロジェクト新規作成画面が
変わってからだと思うが。。


なかなか進まないなぁ(><)
category
【資格】 > 【Androidアプリ作成】
  • 2012⁄06⁄11(Mon)
  • 22:34

【資格】 Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック

Androidは今がピークで、今後シェアは落ちて行くだろう。

などというニュースがあるようで、無駄になるかも知れないが、
せっかく勉強していたので、本日お休みということもあり、
受験して来ました。

その試験会場では以前にOracleなどで7,8回受験しているので、
勝手は大体わかっている。
9:15試験開始で15分前の9:00集合とのことだったけど、
平日の朝一じゃ、どうせ誰もいないし、
試験開始の9:15までに入れば大丈夫だろ。
などと、軽く考えていたのだが。。。

トイレに寄ったりして、8:57くらいに会場に到着すると、
既に受付を済ませた人が8人くらい座って待っているではないか。
オレが受付を済ませたあと、「只今の時間、受付出来ません。」という
札が置かれ、即座に受付が締め切られてしまった。

あぶね~! 集合時間の9:00というのはワリと本気の9:00だったのか。
以前受けたのは半年以上前になるが、なんか雰囲気が違う。。
テコ入れみたいなのがあって、厳しくやるようになったのだろうか。。
まあ、もともと集合時間9:00なのだから、ごもっともな話である。
良い子は時間に余裕を持って会場に向かいましょうネ。。

さて、肝心の試験の内容ですが。。
私は以下の本で勉強しました。

120611_Android技術者試験アプベ本

OracleのSilverまでは、このシリーズの本にお世話になったので、
今回もこれで学習。 この本の問題であれば99%正解できるレベル。
と言っても、問題の位置や選択肢などで解答を覚えてしまっている
ものもあり、理解しているかと言われると。。まあ、アレですが。

でも、Oracleもこんな感じで合格してきたので、
まあ、なんとかなるだろ。。 と思っていたのだが。。

モンダイガ、ケッコウチガウヨ(><)
本の内容が1年前から変わっていないようなので、
問題側が時代に合わせて変わって来ているのか、
問題のヒキが悪いだけなのか分かりませんが。。

自信を持って解答できたのは3割程度しかなく、
残りは「なんとなくこれかな?」と「2択までは絞れるんだけど。」
と「さっぱり分からん」が均等に、といった感じ。
あれ? コレやばいんじゃないの?

と言っても、今更どうしようもなく、かすかに残っている知識や、
もし自分がこの仕組みを作るとしたら、ここはこうするだろう。
などと考え、ムリヤリ答えを導きだしてなんとか全問を埋めた。
(4択だから、埋めるのは楽なのだが。)

試験時間はまだ20分程あったが、どうせ見直してもワカンネから、
もうヤメて、サッサとモンハン打ちに行くかなー。
と思いつつも、いや、やはり時間ギリギリまで見直すべきか、
何かに気付くかも知れん!
などと、もう一度最初の問題から見直していると、
例の5つの層に分かれたAndoroidアーキテクチャの表が出てきた。
「。。と、この問題は大丈夫だろ。。」

「んおっ!」
なんと別の問題の解答となる部分が表に載っているではないか。
慌てて、その問題を探して確認すると、間違えていた(><)
あぶねあぶね。これで1問救われたよ。
まあ、コレでギリギリ合格してたらドラマチックだけどなー。

そして、試験終了。
あれ? Oracleと違って、試験終了後に画面に即結果がでない。
受付のお姉様からレポートを貰う時に初めて結果が分かるらしい。
お姉様はレポートを印刷してクリアファイルに入れるので、
当然、先に結果を知っているワケで。。
(そんなのいちいち見てないかもですが。)
「お疲れ様でした。 お帰りの準備をしてください。」
準備を終え、受付に戻ると、レポートが置かれているが、
裏返しに置かれているレポートに覇気を感じない。。
Oracleの試験で2回、不合格を喰らった経験があるが、
そのときと、すごい雰囲気が似ている。。

レポートを受取り、漢(おとこ)らしく「バッ」と表を見ると。。

120611_Android技術者試験アプベ

良かったー^^
確かこの試験。70%が合格ラインだったハズなので、ギリギリである。
つまり、あの見直しの1問が効いたのである。
その後、他にも数問解答を変更したので、それらも影響しているが、
あの見直しが効いたのは間違いない。
やはり、自信が持てなければ時間ギリギリまで、
考えて苦しんで粘るべきなんだろうな。

と、試験後にはいつもそう思うのだけど、
試験時間中って、早く抜け出したくて仕方ないんだよねー。
学生のときからそうだったような気がする。。

ともあれ、合格して良かった。(ベーシックだけど)
70%も100%も「合格」という意味では同じ。
不合格と合格を分けるこの1問は大きい!
もし不合格で再受験するとすれば15,750円の費用が余計にかかり、
最低30日(だっけ?)期間を空けなければならないし、
勉強を続けて、試験前にピークを合わせなくてはならない。
試験日まで、なんとなくスッキリしない気持ちで過ごさなくてはならない。

合格すればそれでいいのか? 何のために受験したのか?
肝心な開発技術を高めるのが目的ではないのか?
という話もあるだろうが、とりあえずイイんです^^

この問題集のレビューとしては、
この本で99%正解出来るレベルで受験すると、
合格ラインギリギリに落ちつくということです。
まあ、その人の実務経験やバックグラウンドなどで
大きく変わりますが、1つの例ということで。


そして、帰りにモンハンを打つつもりが、なぜかパイレーツワールドに
座ってしまい、やられてしまいましたとさ。。。

あ、ちなみにこの試験は現在ベーシックしか行われていないようです。
もうすぐプロフェッショナルの試験が開始されるらしいですが。
category
【資格】 > ○ Androidアプリケーション技術者認定試験
  • 2012⁄03⁄22(Thu)
  • 23:01

【雑記】 Androidアプリを作ろう!

本文のフォントを「Verdana」から「MS Pゴシック」に変更してみました。
1行の文字数が少ないので、1行にたくさん書けるようにしたかったのですが、
それはフォントではなくて、Letterなんとかの値を小さくすれば良かったらしい。
まあ、いいや^^


突如、Androidでアプリを作成したくなったので、やってみることにした。
(ド素人ですが。)
Javaが分からないと話しにならないようなので、以下の本を購入。

120322_これならわかるJava
新これならわかるJava 挫折しないプログラミング入門(講談社)

実は、コレのC++版も持っていて、クラスとか全然分からなかった私が、
ある程度理解出来るようになったため、Javaもこのシリーズを使用することに。

ふむふむ。。(←実際このように言う人を聞いたことがない。)
なんだ。JavaはCに似てるじゃないか。(今頃)
メモリの解放とか自動っぽいから、C++より使いやすそう。
(処理速度とかの問題は置いといて。)
と、言ってもCはエントリレベルでしか分からないので、
この本で基本から学習し直すことにしました。

本の中で作成するプログラムもC++のヤツと非常に似ているが。。
なるほど。 ウィンドウを使用したプログラムなんかはC++には無かったヤツだ。
時代の流れを感じますなぁ。
クリックした位置を取得して判定を行い、処理を分ける方法とか、
画像の表示等を学習。
これだけでも簡単なゲームとか作れそう!

な気がした。。

本文を読んでいると、筆者の「分からない人に分かって欲しい。」という
気持ちが伝わってきます。 
一見、ページ数もあるように見えますが、サクサクと進められるため、
初心者でも、それほど時間はかからずに一冊を終えることが出来ると思います。
(私はC++版を経験していたこともありますが。)
もちろんこの本だけではまだまだですが、Javaを学習する際の
足掛かりとして、この本で学ぶのは良いと思います。
(他の本を全部見たワケではないが。)

120322_Androidアプリのつくり方
イラストでよくわかる Androidアプリのつくり方(インプレスジャパン)

そして、アプリ作成方法の本も購入。
インプレスジャパンと言えば、Oracleの試験でさんざんお世話になった
あのインプレスジャパンですか。

書店でこの本を手に取ったとき、正直なところ、初心者向け過ぎるかなぁ。
と思いました。
アプリの作り方をケーキ作りに例えていたり、
随所にかわいらしいイラストが盛り込まれていたので、
子供向けというか、女の子向けというか。。

しかし、内容は分かりやすそうだったし、最初からつまづいても、
しょうがないので、まずは一冊終えることが大事かな? と思い購入。

環境設定からプロジェクトの作成方法、実行方法など、
非常に細かく書いてあり、分かりやすい。
そしてイラストのドロイドくんってヤツのコメントがかなりオチャメ。

source(ソース)の用語説明では、
「玉子焼きにかけるのはsauceだから違うモノだよ。
ボクはしょうゆ派だけどね。」

知るかっ^^
しかも、目玉焼きじゃね? ※数日前の「どうでもいい話3」を参照


default(デフォルト)の用語説明では、
『僕は日常でも「飲み会にはデフォルトで参加」なんて使うよ。
え、そりゃボクだって飲み会ぐらい行くさ。』

おい! キミ、架空だろ^^
それにロボットだから飲めねーだろ!
と、言うまでもないことを、本に対してツッコミながら、
実際に飲み会に参加しているところを想像したら、なんとなく癒された。

と、楽しく最後まで学習できます。
一応、クラスなどの説明もありますが、ページ数が少ないため、
その辺りは上記の本でカバーすると良いと思います。

本書の中では、題材として簡単なゲームを作成しますが、
これを「スロットマシン」と呼ぶのは正直どうかな?
最初に絵柄がクルクルと変わればそれらしい雰囲気も出ると思い、
改造を試みたが。。。 
ま、とりあえず、それは後日ということで。

実機にダウンロード(USBデバッグ?)して、動かしてみると、
本物のアプリっぽくて面白い。 (まあ、一応本物だが。)

一本完成させて調子に乗っていたところ、別のアプリ関連の本を見たら、
全然知らない用語ばかり出てきて、さっぱり分からず。
こりゃ、この先、長い旅になるな。 と思った。

とは言え、この本も上記Javaの本と同様に、
Androidアプリ作成を学習する際の出発点として、
この本でひととおり学習してから、別の本に挑むのが
良いのではないかと思います。
(他の本を全部見たワケではないが。)


そして、この2冊を読み終えた私は、練習として某ファ●トツモ!のような、
1人麻雀ゲームを作成してみよう。と思い立ったのであった。。
クリックした位置の取得方法さえ分かれば何とかなるのではないかと。。
category
【資格】 > 【Androidアプリ作成】
  • 2011⁄11⁄12(Sat)
  • 09:52

【資格】 JASA組込みソフトウェア技術者試験(クラス2) グレード結果

グレードの結果が送られてきました。(1週間程前に)
やはりグレードBでした(><)
他の方のブログで「Bだと思っていたが、Aでした。」
というのを見掛けたりしていたので、そこにわずかな期待を
抱(いだ)いていましたが、同じようにはいきませんでした。
(そりゃ、取得スコアが違うからだろ)

私のスコアを復習しておきますと、

スコア:521点(グレードB)
技術要素:69%
開発技術:60%
管理技術:100%

といった感じです。
やはり最低でも540点ぐらい取っていないと、
ドキドキしようもないか。
最初の「ド」ぐらいまでしかいきません。


付属の資料には平均点も掲載されています。
Oracle Masterと違って新鮮です。

平均点:471点(2011年7月時点)
技術要素:56.6%
開発技術:59.3%
管理技術:64.6%

平均以上で、まあ良かったね。
というところです。。(><)

グレードBだったので、
私はこの受験については、無かったものとします。
(オカネもしっかり無くなっていますが。)

再受験の予定は今のところありません!


そんな土曜日です^^
category
【資格】 > ○ JASA組込みソフトウェア技術者試験(クラス2)

プロフィール

ゲームやパチスロの話題を中心に、思うことをフェルマータ気味に綴ります^^ 攻略情報は殆どありません!

kutsu2027

Author:kutsu2027

ブログ内検索

ようこそ^^

関連商品Amazon

ニンテンドー3DS、パチスロ関連グッズを集めました。

 

クリックすると別ウィンドウが開きます。

管理人へメール

ご意見・ご感想等、お気軽にどうぞ!

クリックすると送信フォームが表示されます。

QRコード

当ブログのURL

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
48522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14325位
アクセスランキングを見る>>

スポンサードリンク

twitter

XTREME RUSH